税理士というのは国家資格です

税理士とは国家資格です。これは途轍もなく重要な資格であり、難しいことになります。ですから、非常に目指すことが難しいわけです。それでも目指す価値があるのか、といいますと確かにあります。その理由とは途中で駄目だったとしてもメリットがあるからです。具体的には科目合格であっても、かなりしっかりと評価してもらうことができるからです。これが大きいのでとりあえず簿記の勉強をすることがお勧め出来る要素は強くあるわけです。

税理士になるための費用はどの程度かかるのか

税理士になるための費用ですが、独学であれば殆ど気にしないでよい点になります。しかし、学校に通うのであればそれはかなりの金額になってしまうことになります。ではどうすればよいのか、といいますとそれはその人次第です。どの程度の時間があり、費用を投じることができるのか、という個人の差があるからです。独学で合格した人がいないわけではないです。ですが、学校で学んだ方が効率性が良いに決まっています。これは意識しておくべきです。

どんな科目があるのか

肝心の税理士の科目があるのか、といいますと必須科目と選択必須科目、そして、選択科目があります。細かい科目はともかくとして、どこから勉強をすればよいのか、といいますと必須科目です。どうしてなのか、といえば必須になっている以上、それは確実なことになります。これが簿記論と財務諸表論であり、まずはこれから学ぶことが税理士試験へのアプローチになります。但し、受験資格もありますから、これはよく理解しておくべきです。

税理士の講座はスクールで基礎から学べるほか、通信講座でも受けられます。科目も複数ありますので費用や時間などをしっかり検討してから受講した方がいいでしょう。