司法書士試験とはどんなもの?

司法書士は、法務省の認定する国家資格です。国家試験の受験資格は特に決められていないので、誰でも受験することができます。しかし、その合格率はおよそ3%というかなりの難関試験です。初めに、さまざまな法律に関わるマークシート式の試験と、不動産登記法書式や商業登記法書式の記述式の筆記試験がおこなわれます。その後、合格者のみに口述式の試験が課せられます。試験は1年に1度なので、何年にもわたって挑戦している人も少なくはありません。

司法書士は何ができる?

司法書士の主な仕事は、不動産登記や商業登記といった登記業務です。不動産の売買や相続などの際や、会社の設立時などにおこないます。また、法律関係の各種の書類の作成や、簡易裁判所での裁判に関わる業務、供託や帰化の手続き、成年後見業務、民事の法律相談など多岐にわたります。登記業務は、司法書士のみがおこなう業務ですが、他の業務については、弁護士や行政書士の仕事と重なる部分もあります。司法の名が示す通り、法律の専門家として位置づけられている仕事です。

司法書士の将来性は?

司法書士は、難易度の高い資格であることから、希少価値ともいえる存在になっていて、資格取得後の求人の多さでは、恵まれている職種といえます。業務の幅が広がってきていることもあり、将来性、安定性という点でも価値のある資格です。ただし、資格があるからといって安心できるものではなく、新しい法律の知識や常に変化する社会情勢に関する広い視野なども求められるので、仕事をしながらも日々勉強ということになります。経験を積んで独立して開業し、成功すればかなりの高収入も期待できる職業です。

司法書士になる為に必要なのが、司法書士の試験に合格することです。試験は1年に1回のみ行われていて、筆記試験と口述試験を受けます。