声優になるには、まず

現代では、声優は少年少女たちにとって憧れの職業といっても過言ではありません。将来、声優になりたいと志願する人は全国に何万人といるでしょう。声優のお仕事をするにはまず、「声優プロダクション」という芸能事務所に所属しなくてはいけません。そして、所属するためには所属オーディションを受けて合格しないとダメなのです。ですが、まずはその前に声優の専門学校などに行って、基礎を1から学ぶのがいいかもしれません。声優養成所や声優専門学校は多数あります。

声優を目指すため、日々の努力

実質、専門学校よりも声優養成所の方が歴史があり、デビューした数が多いのです。理由は声優養成所の方がプロダクションとの繋がりが強いからです。更に声優養成所なら、高校に通いながら、大学に通いながらといった通い方が可能なのです。専門学校に比べると、レッスンの日数や時間が少ないところが比較的多いです。そして養成所にいられる期間は2年です。その2年の間に声優の基礎などをしっかり学び、スキルを身につける必要があります。

声優に求められるものとは

養成所での主なレッスン内容は、アフレコ、ナレーション、発声や発音の練習などです。特に声優に求められるのは、演技力です。声優は声だけで演技をする俳優という意味なので、ある程度の演技力も必要になります。そして中には、歌が上手くないと声優になれないと思ってる方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。1番大切なのは、声優の基礎技術などをちゃんと身につける事です。声優の道も厳しいですが、努力を積み重ねて、夢を叶えた時の喜びは半端ではないでしょう。

声優の養成所を選択する際、目安の一つに講師陣があげられます。実力ある声優さんが講師として教鞭を執るスクールが良いでしょう。