今年の損益がプラスだった場合の対策方法は?

株式売却の損益がプラスという人も多いと思いますが、そういった方でも節税することは可能なんです。昨年以前の繰り越し損失などがあればそれで相殺できますし、もしそれでも損失がない場合は保有株を含んだ損益に注目してみてください。もし含み損になっている株があれば、これを売却し売却損にしてしまえば利益が減少して節税する事ができちゃうんです。持っている株を売りたくないという場合でも、売ってすぐ買い直せば良いだけです。

今年の収益がマイナスになって場合の節税方法!

株式売却の損益がマイナスになってしまった場合、節税するためには保有株の中で含み益がある物を売却すると良いですね。売却益と売却損を通算すれば、将来の事を考えても節税に十分なります。売却損をそのまま繰り越してもよいのではと思う方もいますが、実は損益を繰り越せる期間は決まっているんです。3年間しか繰り越せないという決まりがあるので、その損失を使いきらないと勿体無いですよね。なので損失は使える時に使うようにしましょう。

昨年より前の繰り越し損失がある場合の対策は?

今年の損益がプラスになっていたとしても、昨年以前は損失が出てしまったという方も多いですよね。今年の売却益でそれを相殺できる場合は良いですが、もし全額相殺できない場合には含み益がある持ち株を売る事で節税ができちゃうんです。またもし今年もマイナスになっていて、繰越損失まである場合には今年に損した以上の売却益を出せば、繰越損失が相殺できちゃいます。こちらも3年という期限がついているので、忘れないうちに使っておきましょう。

信用取引の費用はどの程度かかるかという事をしっかりと理解しましょう。信用取引においては手数料に加えて、金利も発生します。