高校中退によるリスク

高校を辞めることができるなら辞めてしまいたい。と考えている方はいるのではないでしょうか?その考えに行き着いた原因はなんですか?「友人が辞めたから」ですか、それとも「イジメにあって耐えられないから」と言う理由ですか。家庭の状況でどうしても辞めなければならないのなら仕方ないことですが、それ以外の理由なら高校中退は考え直してください。なぜなら、中退した先では常に中卒というレッテルが貼られてしまい、就職も大変ですし、男性の場合は結婚するときに相手の親は良い反応をしてくれにくくなってしまいます。

子の退学を親はどう思う?

中退するには学校に親がそのことについて了承した書類(退学届)を提出することが必須になります。そのため、中退する前に親に相談しなければなりませんが、親からの了承を獲るのはとても大変なことです。なぜなら、親が中退を止めるのはその先の将来のことを考えてくれているからです。親は人生の大先輩であり、色々なものを見てきたので、その観点から失敗例があることも知っていて「学校は出てくれ!」と思ってくれているのです。

中退には確固たる意思を

親の了承を獲るには中退した先の進路を明確に決めておくことです。たとえば、事前に求人誌などを見て仕事を探しておいて、退学したい意思とその業種に関連した仕事をしたいことを伝えるだけでも親は安心します。例え、中退とはいえども、本当に頑張って一つの仕事を極めて社長になる方も大勢いるので、その路線を目指すのも良いことだと思います。昨今は学歴社会だと言われていますが、学歴のない人でものし上がる方法はいくらでもあります。その中の一人になれるように確固たる意思をまずは持ちましょう。

高校中退とは、自分にとって高校生活が合わなかったケースや、家庭の経済的理由などがあります。中退後の人生を良いものにするためには、家族、周りの親族、友人の支えが重要です。